銀の鈴社、新型コロナ休校の子どもやおとなに 児童書、絵本、詩集等の電子書籍約500冊を無料開放 ~谷川俊太郎や井上靖、内田麟太郎等の名作にふれる機会を~

報道関係者各位
プレスリリース
      2020年3月9日
株式会社銀の鈴社
アイプレスジャパン株式会社
 
 
 
銀の鈴社、新型コロナ休校の子どもやおとなに
児童書、絵本、詩集等の電子書籍約500冊を無料開放
~谷川俊太郎や井上靖、内田麟太郎等の名作にふれる機会を~

詩集・児童書の老舗出版社である株式会社 銀の鈴社(所在地:神奈川県鎌倉市、代表取締役:西野真由美)は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、臨時休校及び春休み中の子どもやおとなに、電子書籍コンテンツ約500冊を無料配信します。

デジタルコンテンツビジネスを支援するアイプレスジャパン株式会社(代表取締役:齋藤 隆)の運営する電子書籍サイト「コンテン堂」モール内の『銀の鈴社 電子ブックストア』にて、本日より2020年4月10日まで実施します。(閲覧は購入後31日間可能です。)

https://contendo.jp/store/ginsuzu/

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、小中学校、高校などが臨時休校する中で、地域の図書館も臨時休館となっています。

このような時こそ、本の世界を楽しんでもらいたいという思いで、私たちは電子書籍の無料開放を期間限定で実施します。

コンテンツには谷川俊太郎や井上靖、内田麟太郎などの語り継がれるべき名作をはじめとする優良図書なども多く、夏休みに匹敵する長期休校時に何冊でも味わっていただくことで、図書館や教科書等で馴染み深い絵本や詩集等の心を育む作品に触れる機会を提供します。

「新型コロナ休校を受け、自宅でネットやゲーム、YouTubeなどに時間を費やす子どもたちが多いと思います。本が読みたくても図書館も休館となっている今こそ、出版社が読書体験の機会を作るべきだと考えました。電子書籍であれば外出も不要です。この長くなってしまった春休みを、良書と出会える良い期間、心の杖になる言葉と出会う機会にしてもらえればうれしいことです。」と銀の鈴社 取締役 西野 大介氏は述べています。

【銀の鈴社 電子書籍無料開放 概要】
◆ストア名:銀の鈴社 電子ブックストア(コンテン堂モール内)
◆購入方法:0円で「レンタル(31日間)」を購入
◆0円購入可能期間:2020年4月10日 23:59まで
◆閲覧可能期間:購入後31日
◆対象コンテンツ:銀の鈴社刊行の電子書籍約500冊
◆閲覧可能端末:iPhone/Android/iPad/Androidタブレット/Windows PC/Mac
◆URL:  https://contendo.jp/store/ginsuzu/
※コンテン堂会員登録が必要(無料)

【銀の鈴社 概要】
社名 :株式会社 銀の鈴社
設立日 :1986年11月22日
本社所在地 :神奈川県鎌倉市佐助1-10-22 佐助庵
代表者名 :代表取締役 西野真由美
サイトURL

http://www.ginsuzu.com

Twitter

https://twitter.com/ginsuzu0467

Facebook

https://www.facebook.com/ginsuzu.kamakura


【アイプレスジャパン概要】
社名 :アイプレスジャパン株式会社
本社所在地 :千葉県流山市前平井61番地 ESSビル
東京オフィス :東京都港区西新橋3-13-3 ユニゾ西新橋三丁目ビル5階
代表者名 :代表取締役 齋藤 隆
事業内容 :デジタルコンテンツ著作権保護サービス、電子書籍ストア運営
サイトURL

https://i-press.jpn.com/


【電子書籍ストア ConTenDo | コンテン堂】
サイトURL https://contendo.jp/
Twitter https://twitter.com/ConTenDo_JP
Facebook http://www.facebook.com/contendo.jp