ニュースリリース:電子書籍サイト「コンテン堂」、電子書籍化サービスを開始 書籍のデジタル化と販売をワンストップで提供

2013年6月26日
アイプレスジャパン株式会社

電子書籍サイト「コンテン堂」、電子書籍化サービスを開始
書籍のデジタル化と販売をワンストップで提供
~シンプルかつ低コストにEPUB3制作を~

デジタルコンテンツビジネスを支援するアイプレスジャパン株式会社(代表取締役:齋藤 隆)は、2013年6月26日より、電子書籍サイト「ConTenDo|コンテン堂」において、電子書籍化サービスを開始します。
ハンドメイドでありながらも、極力工程のシンプル化をすすめることで低コストにてEPUB3制作を実現するものです。制作したコンテンツは「ConTenDo|コンテン堂」にて配信(販売)します。

「ConTenDo|コンテン堂」URL: http://contendo.jp

「ConTenDo|コンテン堂」電子書籍化サービスは、パソコンやタブレット、スマートフォンなどでより快適に読書を楽しむことができる電子書籍用標準 フォーマットであるEPUB3形式を制作するサービスです。「電子書籍化が進まずに困っている」、「電子書籍化のコストが問題で先に進まない」、「とにかく、電子書籍化を実現したい」という声にお応えします。

■電子書籍化サービス開始の背景

本サービスは、電子書籍に参入できずにいる版元の支援と、「ConTenDo|コンテン堂」におけるコンテンツの充実を目的としています。これまでは 「ConTenDo|コンテン堂」にコンテンツを販売したくても、電子書籍化の部分がボトルネックとなり、満足できる既存のソリューションが存在していませんでした。その問題を解決するため、低コスト且つシンプルな構成による電子書籍化の本サービスを開始する運びとなりました。

■電子書籍化サービスの主な特長

<EPUB3形式の電子書籍を制作>
  • リフロー型(再流動型)
文字中心の文芸書籍向け。文字大きさの変更が容易。縦書、ルビにも対応
  • フィックス型(版面固定型)
コミック、絵本、詩集、デザイン書等のレイアウト重視コンテンツ向け
<シンプル>
工程をシンプルにし、EPUB3の低コスト制作を実現
<ハンドメイド>
機械制作ではありません
<低コスト>
とにかく、電子書籍化を実現したい、という声にお応えします
<販売>
制作したコンテンツは「ConTenDo|コンテン堂」にて販売可能
  • 希望すればDRM設定も可能
  • 他の電子書籍ストアへの対応(要相談)
<入稿データ>
テキスト(.txt)と画像(.jpg)
<互換性>
  • EPUB互換性チェック(EPUBチェッカー)を実行
  • 基本的に電書協準拠
<価格>
13,000円より

【お問い合わせ窓口】

http://contendo.jp/ProductEntry/

■アイプレスジャパン概要

社名 アイプレスジャパン株式会社
資本金 1,000万円
設立日 2010年10月5日
本社所在地 千葉県流山市前平井61番地 ESSビル
東京オフィス 東京都新宿区新宿1-27-2 ルミエール御苑
代表者名 齋藤 隆
事業内容 デジタルコンテンツ著作権保護サービス、電子書籍ストア運営
サイトURL http://i-press.jpn.com/
Twitter https://twitter.com/ConTenDo_JP
Facebook http://on.fb.me/KBOOFe