プレスリリース:アイプレスジャパン、電子書籍サイト『コンテン堂』に新感覚の本選び『ワードサーフィン(TM)』を新設

報道関係者各位
プレスリリース
2015年12月22日
アイプレスジャパン株式会社

絞り込まない検索!?電子書籍サイト『コンテン堂』に
新感覚の本選び『ワードサーフィン(TM)』を新設 
~タッチ操作で視覚的にワード間を遷移~

思いもよらない本と出会える場を提供

デジタルコンテンツビジネスを支援するアイプレスジャパン株式会社(代表取締役:齋藤 隆)は、2015年12月22日、電子書籍サイトの『コンテン堂』に革新的な商品(本)探しの場である『ワードサーフィン(TM)』(βversion)を新設することを発表します。ワードサーフィンは視覚的なUI(ユーザーインターフェイス)で類義キーワードをタップ(クリック)するだけでユーザーの興味のありそうなコンテンツにたどり着くことができます。ワード間をサーフしながら埋もれがちな商品と出会える新たな商品探し体験を提供します。Windows PCおよびiPad、Androidタブレットに対応します。
※特許出願中

『ワードサーフィン』URL:
http://contendo.jp/store/contendo/WordSurfing/

【ワードサーフィンとは】
従来のネット書店における検索・絞込機能は、本のタイトル(商品名)や著者名をある程度は正確に知らなければ探しにくいという側面がありました。

今回新設する『ワードサーフィン』は、キーワード入力の「あいまい」や「ゆれ」を受け入れ、類義語群から候補を連想・リコメンドし、さらに視覚的UIでキーボード操作をすることなく“興味の赴くままにワードをタップ”することで思いもよらぬ商品(本)に出会える場となっています。

これは、何気なく入ったリアル書店で「眼の端に引っかかる本が気になり買ってしまった」という購買体験をネットストアでも実現するべく試行錯誤しながら技術的に表現したものです。

絞り込む検索とは異なり、どんどんワードやコンテンツ間を遷移することで、商品(本)と出会う機会が増えていくという広がり感をお楽しみいただけます。退屈なキーボードとの戦いからも開放されます。

販売店サイドから見ると、利用者の興味に近似した意味合いの含まれている可能性が高いコンテンツ(商品)への“気付き”をどれだけ限られた画面上で表示できるか、という課題に対する回答のひとつとなりえます。過去の閲覧・購入履歴からたどるリコメンド機能とは異なるアプローチです。

キーワードのサーチ対象には、商品名(タイトル)、著者等の商品情報に加えてコンテンツ全文も含まれます(一部を除く)。

今後、コンテン堂モール内の各専門店ストアにも展開してまいります。

<操作方法>
1.キーワードを入力
2.右端にカーソルを持って行くと関連ワードの候補がでてきます。
3.左端にカーソルを持って行くとグラフィカルなUIがでてきてキーワードクリックだけでどんどん関連ワードが広がっていきます。

【今後の展開】
将来は、ワードサーフィンをソリューションとして展開予定です。
電子書籍ストア、ネット書店、図書館、出版社、研究所、文教、放送局、ECサイト等の文字を扱うあらゆるサイトに適しています。

◎電子書籍サイト『ConTenDo|コンテン堂』
URL: http://contendo.jp

◎新しい商品探し体験の場『ワードサーフィン』
URL: http://contendo.jp/store/contendo/WordSurfing/

【アイプレスジャパンについて】
社名 : アイプレスジャパン株式会社
本社所在地 : 千葉県流山市前平井61番地 ESSビル
東京オフィス : 東京都港区新橋1-18-19 キムラヤ大塚ビル4F
代表者名 : 齋藤 隆
事業内容 : デジタルコンテンツ著作権保護サービス、電子書籍ストア運営
サイトURL http://i-press.jpn.com/
Twitter https://twitter.com/ConTenDo_JP
Facebook http://www.facebook.com/contendo.jp