クラウドDRMソリューション

slide_03

◆クラウドDRMの組み込みサービス
DRMとは、ネット上にコンテンツを公開することのリスクを低減するソリューションです。
□アイプレスのDRMはクラウド上で電子ブックのコンテンツ保護を実行します。
□電子書籍ストアにDRMの機能を簡単に組み込むサービスを展開しています。

これにより、コンテンツの閲覧権利のある読者だけに閲覧権を付与することが可能になります。また、閲覧期間を限定したレンタル(貸出)機能もありますので、図書館やレンタル店での利用にも適しています。

※DRM:Digital Rights Management(デジタル著作権管理)

◆マルチOS対応
対応OS
iPad/iPhone/Androidタブレット/Androidスマホ/Windows

◆EPUBおよびPDFに対応可能
EPUB3をはじめとする各種フォーマットに対応可能です(電子書籍サイトの環境によります)。

◆オフライン閲覧可能
アイプレス クラウドDRMは、オフラインでも閲覧可能ですのでネット環境の弱い場所でも購入したコンテンツを閲覧することが可能です(約7日間)。

◆ストアオリジナルの電子書籍アプリ(閲覧用ビューア)作成可能
アイプレスのクラウドDRMサービスは、EPUBビューアの提供が可能です。
独自のアイコンを付けた電子書籍ストア専用のビューアアプリを作ることもできます。
特にEPUBリフロー型では読書体験の良し悪しがビューアの性能に左右されますのでとても重要です。

コンテン堂ビューアの説明はこちら

◆低コストな導入および運用
工数はコンパクトなもので、低コストに導入および運用することを実現します。

◆事例:一般社団法人 金融財政事情研究会
 プレスリリースをご覧ください。